ハロゲン分析以外でも利用できる!分析機関の利用法

ハロゲン分析以外でも利用できる!分析機関の利用法

女性

RoHS分析

コンピュータや通信機器など、電子機器に有害物質が含まれていないか確認することができます。RoHS分析を行なうことで、安全性の高い電子機器を制作することが可能となるでしょう。RoHS分析では、環境に対する負荷や健康被害などのリスクを最小限に抑えることを目的としているのです。ハロゲン分析同様に環境や人の安全を守ることができます。

残留農薬分析

基本的に食の安全性を高めることができる分析が、残留農薬分析です。残留農薬分析は、ポジティブリスト精度に適しています。一般的には生鮮食品の残留農薬をチェックすることになるでしょう。また、最近では加工食品などの残留農薬を分析することもできるようになってきていると言われています。分析できる項目は50から600程もあるのです。

放射性物質検査

放射性物質に関する検査も、専門の分析機関に依頼することができます。測定項目としては、放射性ヨウ素や放射性セシウムなどが挙げられるでしょう。基本的に食品中の放射性物質について調べることができます。必要となる試料の量は2キロ程です。ハロゲン分析よりも大量の試料を用意しなければなりません。残留農薬分析同様に、食の安全性をアピールできるでしょう。

広告募集中